【住宅省エネ2023キャンペーン】3省連携の補助金 最大260万!

今リフォームをお考えの方なら3つの補助金がもらえる!

補助金を使ってお得にリフォームしませんか?

家が寒いのであたたかくしたい、水まわり・外まわり・内装のリフォームを考えている、古くなった設備を新しく交換したい こんなリフォームをご希望の方ならだれでも補助金がもらえます

リフォームなら3つの補助金合わせて最大245万円 新築なら新築対象の補助金で最大100万円

3つの補助金とは?

こどもエコすまい支援事業、先進的窓リノベ事業、給湯省エネ事業

2050年カーボンニュートラルの実現に向けて家庭部門の省エネを強力に推進するため、住宅の断熱性の向上に資する改修や高効率給湯器の導入などの住宅省エネ化への支援を強化することを目的とした補助金制度です。消費者にとってメリットしかない補助金となっていますので、ぜひこの機会にご家庭の目的に合った補助金を使用しましょう!

リフォームをご希望の方なら全世帯が対象です
せっかくリフォームするなら補助金をもらったほうが絶対オトク

こどもエコすまい補助金

先進的窓リノベ事業補助金

給湯省エネ事業補助金

3つの補助金そのこどもエコすまい支援事業

おうちの水まわりや外まわりなど広範囲が補助金対象です
最大45万円
省エネリフォームで補助金をもらおう
こどもエコすまい補助金は全世帯が対象です
子育て世帯・若者世帯なら上限45万円、その他のすべての世帯なら上限30万円

補助金を受けるための改修基準

こどもエコすまい支援事業

リフォーム

必須対象工事 住宅の省エネ改修

任意対象工事 住宅の子育て対応改修、防災性向上改修、バリアフリー改修、空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置工事等

新築

ZEH住宅 強化外皮基準かつ再生可能エネルギー等を除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの(ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、ZEH Orientedに加え、令和4年10月1日以降に認定申請した認定長期優良住宅、認定低炭素住宅、性能向上計画認定住宅)

改修の条件にあるZEH住宅ってなんだろう?

一言でいうと「エネルギー収支をゼロ以下にする住宅」です。
国が定めた基準で、これを満たすには、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ」の3つの要素が必要で、それぞれにクリアすべき基準が設定されています。
ZEH:net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略語

こどもエコすまい補助金でこんなリフォームが叶えられます
キッチンのリフォーム
お風呂のリフォーム
トイレのリフォーム

こどもエコすまいの対象工事と補助額

エコ住宅設備必須工事
  • 太陽熱利用システム

    太陽熱利用システム

    27,000円

  • 高断熱浴槽

    高断熱浴槽

    27,000円

  • 高効率給湯器

    高効率給湯器

    27,000円

  • 蓄電池

    蓄電池

    64,000円

  • 掃除しやすい節水型トイレ

    掃除しやすい節水型トイレ

    20,000円

  • 節湯水栓

    節湯水栓

    5,000円

開口部の断熱改修必須工事
  • ガラス交換

    ガラス交換

    面積から算出

  • 内窓設置

    内窓設置

    面積から算出

  • 外窓交換

    外窓交換

    面積から算出

外壁、屋根・天井又は
床の断熱改修必須工事
  • 外壁の断熱改修

    外壁の断熱改修

    56,000円

  • 天井の断熱改修(敷込)

    天井の断熱改修(敷込)

    20,000円

  • 天井の断熱改修(吹込)

    天井の断熱改修(吹込)

    20,000円

子育て対応改修任意工事
  • ビルトイン食器洗機

    ビルトイン食器洗機

    21,000円

  • 掃除しやすいレンジフード

    掃除しやすいレンジフード

    11,000円

  • ビルトイン自動調理対応コンロ

    ビルトイン自動調理対応コンロ

    14,000円

  • 浴室乾燥機

    浴室乾燥機

    21,000円

  • 宅配ボックス

    宅配ボックス

    11,000円

  • キッチン対面化

    キッチン対面化

    89,000円

バリアフリー改修任意工事
  • 手すりの設置

    手すりの設置

    5,000円

  • 段差解消

    段差解消

    6,000円

  • 廊下幅等の拡張

    廊下幅等の拡張

    28,000円

  • 衝撃緩和畳の設置

    衝撃緩和畳の設置

    18,000円

家電・保険任意工事
  • 空気清浄機能・換気機能エアコンの設置

    空気清浄機能・換気機能エアコンの設置

    19,000円~25,000円

  • リフォーム瑕疵保険への加入

    リフォーム瑕疵保険への加入

    7,000円

3つの補助金その先進的窓リノベ事業

窓リフォームだけで最大200万円
高断熱窓の設置で補助金をもらおう
先進的窓リノベ事業補助金対象でこんなリフォームができます
先進的窓リノベ事業補助金でこんなリフォームができます
大きめの窓のリフォーム
中くらいの窓のリフォーム
小さめの窓のリフォーム

窓の必要性能

対象住宅の種類に応じて下表に掲げる熱貫流率の基準を満たすものが、補助金交付対象です。

住宅の種別ガラス交換内窓設置カバー工法外窓交換
(はつり工法)
戸建住宅および
低層集合住宅
(3階建以下)
Uw1.9以下Uw1.9以下Uw1.9以下Uw1.9以下
中高層集合住宅
(4階建以上)
Uw1.9以下Uw1.9以下Uw2.3以下Uw1.9以下

補助対象

先進的窓リノベ事業

対象工事

住宅所有者等がリフォーム事業者に工事を発注(工事請負契約)して実施する以下のリフォーム工事

窓(ガラス・サッシ)の断熱改修工事
(熱貫流率(Uw値)1.9以下等、建材トップランナー制度2030年目標水準値を超えるもの等、一定の基準を満たすもの)(事業者が申請)

住宅所有者等

本事業にてリフォームする住宅の所有者(法人を含む)、居住者又は管理組合・管理組合法人をいう。(世帯は問わない)
対象(例) →賃貸マンションのオーナーや借主・買取再販事業者(工事は別会社へ発注)
対象外(例) →買取再販事業者(工事も自社で行う)・非住宅併用住宅(居住スペースの工事は対象)

3つの補助金その給湯省エネ事業

エコキュートや家庭用燃料電池の設置で最大15万円
高効率設備の設置で補助金をもらおう
給湯省エネ事業でこんな設備の導入・設置ができます

補助金対象の給湯設備と金額

家庭用燃料電池ハイブリッド給湯機ヒートポンプ給湯機
特徴都市ガスやLPガス等から水素を作り、その水素と空気中の酸素の化学反応により発電するもの。エネルギーを燃やさずに直接利用するので高い発電効率が得られる。また、発電の際に発生する排熱を回収し、お湯をつくるため給湯に利用が可能。ヒートポンプ給湯機とガス温水機器を組み合わせたもの。ふたつの熱源を効率的に用いることで、高効率な給湯が可能。ヒートポンプの原理を用い、冷媒の圧縮と膨張のサイクルにより、お湯を作り、お湯を貯湯タンクに蓄えて使用するもの
補助額
予定
15万円/台5万円/台5万円/台

給湯省エネ事業

事業スキーム

消費者等に対し、家庭でのエネルギー消費量を削減するために必要な高効率給湯器の導入に係る費用を補助。
※申請手続については、消費者等と契約の締結等を行った事業者等が代行する。

補助金を活用したリフォームの例
番号サイズ補助額
「高断熱窓」
箇所補助額(計)
先進的窓リノベ事業補助金
補助額
こどもエコすまい
内窓❶69,0003207,000 
内窓❷47,0006282,000 
内窓❸30,0004120,000 
玄関ドア   49,000
小計 609,00049,000
合計 658,000円 の補助!

組み合わせて使うのが断然オトク!

こどもエコすまい補助金は高断熱窓と合わせて申請すると2万円以上で申請できます。
補助金をうまく組み合わせて最大限オトクに活用しましょう!

こどもみらい住宅支援事業との違いは?

こどもエコすまい補助金 【リフォームの場合】

こどもみらい住宅支援事業こどもエコすまい支援事業
省庁国交省国交省
改修基準省エネ基準レベル以上省エネ基準レベル以上/ZEHレベル
変更点:基準により一部補助額が変更
申請者住宅事業者(施工業者・販売事業者)※補助金は所有者(工事発注者)へ還元住宅事業者(施工業者・販売事業者)※補助金は所有者(工事発注者)へ還元
事業者登録必要(ポータルサイトで登録)必要(ポータルサイトで登録)
対象戸建て・共同住宅、全世帯対象戸建て・共同住宅、全世帯対象
リフォーム
(部分改修)
対象工事
窓・ドアの断熱改修
・外壁・屋根・天井又は床の断熱改修
・エコ住宅設備の設置
・子育て対応改修/バリアフリー改修
・空気清浄機能・換気機能又はエアコンの設置
・耐震改修・リフォーム瑕疵保険への加入
・ホームエレベーターの設置
窓・ドアの断熱改修
・外壁・屋根・天井又は床の断熱改修
・エコ住宅設備の設置
子育て対応改修/防災性向上工事
・バリアフリー改修
・空気清浄機能・換気機能エアコンの設置
・リフォーム瑕疵保険への加入
【補助対象工事が一部変更】
耐震改修→ 対象外へ
ホームエレベーターの設置→ 対象外へ
蓄電池の設置→ 追加
補助額リフォーム:最大30万円条件により60万円リフォーム:最大30万円条件により60万円
省エネ基準レベルとZEHレベルの補助額が異なる
条件1申請あたり5万円以上・1申請あたり5万円以上 ※他補助金と1申請で行う場合は2万円以上
「先進的窓リノベ事業補助金」もしくは「給湯省エネ事業補助金」と同時に申請する場合は2万円以上から申請可。5万円以上も対象になるので、対象範囲が広がります。
必要書類等免許証など個人を証明するもの免許証など個人を証明するもの

3つの補助金早見表

工事内容制度名称補助対象補助額
①省エネ改修1)高断熱窓の設置先進的窓リノベ事業住宅の断熱性能向上のための先進的設備導入促進事業等高性能の断熱窓(熱貫流率(Uw値)1.9以下等、建材トップランナー制度2030年目標水準値を超えるもの等、一定の基準を満たすもの)リフォーム工事内容に応じて定める額(補助率1/2相当等)上限200万円/戸
2)高効率給湯器の設置給湯省エネ事業高効率給湯器導入促進による家庭部門の省エネルギー推進事業補助金高効率給湯器((a)家庭用燃料電池、(b)ヒートポンプ、(c)ハイブリット給湯器)定額
(a)15万、(b)(c)5万円
3)開口部・躯体等の省エネ改修工事こどもエコすまい支援事業開口部・躯体等の一定の断熱改修、エコ住宅設備(節湯水栓、高断熱浴槽等)の設置リフォーム工事内容に応じて定める額上限30万円/戸*
*子育て世帯・若者世帯は、上限45万円/戸(既存住宅購入を伴う場合は60万円/戸)
*安心R住宅の購入を伴う場合は、上限45万円/戸
②その他のリフォーム工事(①1)~3)のいずれか工事を行なった場合に限る)こどもエコすまい支援事業住宅の子育て対応改修、バリアフリー改修、空気清浄機能・換気機能付きエアコン設置工事等

全体スケジュール

全体スケジュール

※令和4年11月8日発表資料より引用

他の補助金との併用について

※令和4年11月8日発表資料より引用

補助制度併用可否
こどもみらい住宅支援事業
(請負工事契約が別である場合は併用可)
戸建住宅ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)化等
支援事業及び集合住宅の省CO2化促進事業

(請負工事契約が別である場合は併用可)
次世代省エネ建材支援事業
(請負工事契約が別である場合は併用可)
既存住宅における断熱リフォーム支援事業
(請負工事契約が別である場合は併用可)
住宅エコリフォーム推進事業(補助金)
(請負工事契約が別かつ工期が別である場合併用可)
住宅・建築物省エネ改修推進事業(交付金)
(請負工事契約が別かつ工期が別である場合併用可)
「先進的窓リノベ事業補助金」「こどもエコすまい」「給湯省エネ事業補助金」
を併用して申請する場合

補助対象が重複しない場合は併用可

ご注意

・本ページは令和4年11月8日に国から発表された公式資料をもとに作成したものです。掲載している情報は、最新の状態でない可能性があります。補助金について詳しくは下記ボタンよりお問い合わせください。
・掲載している写真、イラストなどは全てイメージです。
・本補助金は国の予算がなくなり次第終了となりますので、交付期限を待たずして補助金の申請を予告なく終了する場合があります。ご了承ください。

ヒロキリフォームは
ご紹介した補助金の公式登録済み事業者です。申請から交付まで、安心しておまかせいただけます!

装飾

補助金でお悩みの方はまずはお気軽に
ヒロキリフォームまでお問い合わせください!

ヒロキリフォームについて

電話でお問い合わせ メールでのお問い合わせ
水まわり4点+内装パックキャンペーン

施工事例

お客様の声

イベント・チラシ情報

リフォームメニュー

お役立ち情報

現場ブログ

お問い合わせ

お気軽にご相談ください