新座市 和光市 リフォーム

志木市、朝霞市、和光市のリフォーム補助金

志木市

補助名称 受付期間 対象 補助金額
志木市介護保険住宅改良 お問い合わせください ●対象者
市内在住者で介護認定を持っている方など
補助率9/10
建築物耐震診断及び改修補助金 お問い合わせください ●対象者
・補助対象建築物の所有者であること
・申請日において市内に3年以上住所を有していること
・地方税等を滞納していないこと

●対象住宅
耐震診断の結果、耐震性がない(評点が1.0未満)と診断された住宅
1.戸建住宅(併用住宅
改修費用の5分の1以内(限度額20 万円)
2.共同住宅
改修費用の5分の1以内かつ1戸当たり30万円(申請戸数に応じた限度額があり)
3.安全支援住宅
改修費用相当額かつ限度額40万円

朝霞市

補助名称 受付期間 対象 補助金額
個人住宅リフォーム資金補助金 お問い合わせください ●対象住宅
市民が所有し、居住する住宅

●対象工事
市内施工業者が行う10万円以上のリフォーム(改良・改善・増築) 工事
(システムキッチン、洗面台、トイレなどの交換工事OK)
対象工事費の5%、10万円まで
建築物耐震改修補助制度 お問い合わせください ●補助対象
(1)市の耐震診断補助制度の要件を満たすもの
(2)耐震改修後の結果が、木造の場合は、上部構造評点が0.7以上
(※耐震改修前の上部構造評点が1.0以上の場合は、対象となりません。)
木造以外の場合は、構造耐震指標が0.6以上となること
・戸建住宅(兼用住宅) 改修費用の1/5以内(上限:20万円)
・共同住宅
改修費用の1/5以内(上限:戸数
×30万円)
・住宅以外
改修費用の1/10以内(上限:1棟
当たり100万円)
朝霞市高齢者住宅整備資金貸付事業 お問い合わせください ●対象者
2年以上朝霞市に在住し、連帯保証人を2人立てられる市民税完納の方

●対象工事
60歳以上の高齢者と同居する方に対し、高齢者の専用居室の増改築や浴室・トイレ等の一部を改造するもの
貸付額は、1件150万円以内です。
朝霞市高齢者等住宅改善費補助事業 お問い合わせください ●対象者
在宅で生活する高齢者
補助額は、対象経費の2/3以内です。
重度障害者住宅改善費補助 お問い合わせください ●対象者
下肢又は体幹の障害があり、1・2級の身体障害者手帳所持者

●対象工事
重度障害者の日常生活における利便を図るため、居室、便所、浴室、 玄関、台所等住宅の一部を障害に応じ使いやすく改造するもの
1箇所あたりの基準額の範囲内でその2/3(生保世帯10/10)を補助します。

和光市

補助名称 受付期間 対象 補助金額
和光市介護保険居宅介護等住宅改修助成事業 お問い合わせください ●対象者
介護保険法に規定する被保険者で、要介護認定又は要支援認定を 受けた者のうち居宅において介護等を受ける者

●対象工事
介護予防に役立つ住宅改修をした場合
・特殊尿器(自分で排尿ができる場合は借りられません)
・入浴補助用具 など。
費用の1割で改修ができます。
※事業所にいったん全額を支払い、 領収書などを添えて市区町村の窓口に申請すると、限度額の範囲内の9割分が支給されます。
和光市既存住宅耐震改修助成事業 お問い合わせください ●対象
・建築確認を取得して昭和56年5月31日以前に着工された建築物
・対象者は、戸建て住宅の所有者又は分譲マンション等の管理組合
・戸建て住宅については、所有者自身が居住していること
・分譲マンション等については、全戸数の半数以上に区分所有者が 居住していること、管理組合で耐震診断・改修の実施の決議がなさ れていること
・市税の滞納がないこと
●耐震シェルター等の設置工事を 除く
・戸建て住宅
費用の1/5以内(上限20万円)
・分譲マンション等
費用の1/5以内で戸数×30万円
(上限2,000万円)
●耐震シェルター等の設置工事の 場合
・木造の戸建て住宅
費用相当額(上限30万円)
住宅用太陽光発電システム設置費補助制度 平成24年4月1日〜 ●対象者
・自ら居住する市内の住宅に太陽光発電システムを設置する者
※太陽光発電システム設置工事着手前の申請のみ対象となります。
・市税を滞納していない者
最大出力値に2万5千円を乗じて得た額(当該額が5万円を超える場合には5万円)とする。

リフォーム補助金

リフォームのご相談はこちら